エクストリーム・ヒューマニズム:デザイン?

by 小林 正寿

ブレイナーズの小林です。

先月、愛車三代目を購入したことはお話ししましたが、新しい自転車のロックが今一つしっくり来ていませんでした。鍵穴に鍵がスムーズに入らないのでストレスが溜まっていました。

でも、あるケミカルをスプレーしたら・・・

Instagaram でシェア

さて、本日の本題は「エクストリーム・ヒューマニズム:デザイン?」

わたしは Tom Peters のメルマガを購読しているのですが、今日メールをチェックしていたら良いお話をしてくれていたのであなたにもシェアしたいと思います。

amazon Translateでの機械翻訳をしました。

「利休は息子の翔庵が庭の小道を掃除して水をやるのを見ていた。「十分にきれいではない」と利休は翔庵が仕事を終えたときに言い、もう一度やり直すように命じた。疲れた時間の後、息子は利休に向かった。「父よ、これ以上やることはない。階段は三度目に洗われ、石造りのプランターや木々はよく水をまき散らし、苔や地衣類は新緑で輝いている。小枝でも葉でもなく、地面に残したことはない。」「若い愚か者」は、「庭の小道を掃除すべき方法ではない」とお茶の師匠をからかいました。これを言って、利休は庭に足を踏み入れ、木を振って、庭の金と紅葉、秋の錦の切れ端に散らばった!利休が求めたのは、清潔さだけではなく、美しく、自然もあった。」

—岡倉覚三「お茶の本」

いかがでしょうか?

考えさせられる逸話ですね。

あなたのビジネスにも導入できる考え方だと思いませんか?

Tom Peters のデザインマニュフェスト

ありがとうございました。

Share this article

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Open