インターネットマーケティング予算編成と計画立案 – あなたが必要な資金を調達する

by 小林 正寿

あなたが在宅ビジネスで起業することを検討しているなら、まず考えなければならない事柄の1つは予算編成と必要な資金を調達するための計画です。大げさに考えることなくあなたの自宅のキッチンテーブルで計画プロセスをスタートすることもできますが、プロセスを中断する電話などのノイズをブロックして集中してください。

あなたのビジネスイメージを好ましいものにすることが重要です。留守番電話や名刺をそろえてください。あなたの名刺には名前・会社名(屋号)・住所・電話番号・オフィシャルサイト・電子メールアドレスなどを記載してください。

インターネットマーケターとしての活動をするために必要なソフトウェアーをインストールしたコンピューターが必要です。プロフェッショナルなデスクやファイルキャビネットは素晴らしいですが、最初はキッチンテーブルで十分でしょう。

あなたが良く練られたインターネットマーケティング計画を立案したら、あなたの次の動きは計画を実践させるために必要な予算編成と資金の調達となります。インターネットマーケターの中には初期投資をほとんど必要とせずに起業を果たしていますが、一般的には、オフラインビジネスに比べればほんの僅かであっても初期投資が必要となります。

実に多くの人がインターネットマーケティングビジネスを起業するために少額の初期投資を喜んで行っています。初期投資への意欲は成功の可能性に比例するので、すべてのオプションを調べどのようなビジネスタイプを構築するのか賢明に決断してください。

結局のところ、投資家からの視点においてもあなたと同じ理由、つまり成功の可能性に基づきビジネスとして投資を行います。まず、あなたの起業に対しての投資を募る宣伝告知を行い、あなたのビジネスへ資金を投資してくれるよう個人的に連絡をしてください。ふぁなたのビジネスへの投資を歓迎しない投資家に直面しても諦めず投資してくれるまで立ち止まらないでください。

あなたが宣伝告知すればするほど、あなたの予選編成と計画立案プロセスで算出した必要投資金額を投資してくれる投資家を見つける確率が上昇します。1つの方法として、地元の新聞へ小さな広告を出稿し”投資家募集”広告を掲載することです。例えば、”インターネットマーケティングビジネスに投資しませんか。電話 555-5555”

余裕があれば、少なくとも1ヶ月間程度は、できるだけ地元の新聞に公告を出稿してください。これらの広告費用は、予算編成と計画立案から決定した宣伝広告予算から捻出してください。この予算編成と計画立案は、インターネットマーケターとして成功するために必要とする予算を調達するためのものです。

現在あなたが展開している広告と同時にさらなる追加広告やその他の媒体への広告出稿なども検討することができます。これら追加広告出稿の目的は、一人でも多くの潜在的な投資家にアプローチすることです。必ず複数の投資家候補を見つけて条件や配当オプションなどを比較検討できるようにしてください。

あなたが在宅ベースでインターネットマーケターとして起業しようとすれば、ごくわずかな初期投資でスタートを切ることができます。あなたの貯金から捻出することもできますし、あなたが貯金ゼロであっても現実的な予算編成と計画立案を基に第三者である投資家へ投資をしてもらうよう働きかけることもできます。

つまり、あなたが現在お金を持ち合わせていなくてもインターネットマーケターとしての起業を諦める必要はないのです。

あなたの予算編成に WEB INNOVATION GROUP の会費を入れることをお忘れなく。

Share this article

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です